UFO-E

HOME > UFO-E

Wブレーキ構造で300〜800galの加速度を減震する「UFO-E」

  • ゲンシンパッキン

    UFO-E(ユーフォーイー)

    UFO-E(ユーフォーイー)は、土台の下で地震エネルギーを減震する絶縁工法です。100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しづつ動いて歪摩擦・静止摩擦のWブレーキが作用し、300?800galの加速度を減震。大型地震対策に最適です。
    地震の揺れで上下の凸部が乗り上げると、集中荷重により大きな応力が発生して「歪摩擦」が生じます。これと平坦部の「静止摩擦」がダブルブレーキとなって、減震効果が高まります。

  • 地震力の方程式 Fe=m・αと、摩擦の方程式 Ff=m・μが類似していることに注目し、「UFO-E」は誕生しました。μ(ミュー)は摩擦係数で、UFO-Eの摩擦板が地震を受けて滑った時に消費する減衰エネルギーの係数です。α(アルファ)は地震の加速度ですが、この単位をG(1G=980gal)とすると、建物にかかる地震エネルギーの係数(設計震度)として使えます。なお、この加速度αは速度のSの二乗に比例するので、地震の破壊力Feも地震の揺れの速度Sの二乗に比例して大きくなります。

「UFO-E」の特徴

地震の揺れで上下の凸部が乗り上げると、集中荷重により大きな応力が発生して「歪摩擦」が生じます。
これと平坦部の「静止摩擦」がダブルブレーキとなって、 減震効果が高まります。

  • 大地震対応で性能が高い「絶縁工法」

    地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗(ブレーキ)で
    300〜800galの加速度を減震します。

    コストが安い

    免震構造と同じ絶縁工法でありながら、
    コストは免震構造の1/10に。

    施行が簡単

    大工さんの手でアンカーボルトに差し込むだけ!

※メーカー様ご提供資料を参照の元掲載しております。

ページトップへ