Hiダイナミック制震工法

HOME > Hiダイナミック制震工法

オイルダンパを用いた制震技術「Hiダイナミック制震工法」

  • 地震に強い家づくり

    Hiダイナミック制震工法

    「Hiダイナミック制震工法」は、高層ビルなどで使用されている「オイルダンパ」を採用、揺れのエネルギーを吸収し、揺れを制御します。オイルダンパを用いた制震技術が、余震に対しても強みを発揮いたします。この地震対策技術は日本で初めて戸建て住宅に適用した安価な工法です。新築時、改築時の地震対策に最適です。

    hiダイナミック制震工法に使用されているオイルダンパ
  • オイルダンパ

    Hiダイナミック制震工法は、新築はもちろん、既築住宅にも簡単に設置でき、しかもローコストで高性能な制震システムです。激しい揺れを吸収することで、住宅の損壊を防ぎ、ご家族を守る、画期的な制震工法です。

「Hiダイナミック制震工法」の仕組み

高層ビルなどで使用されている「オイルダンパ」がエネルギーを吸収し、揺れを制御します。

オイルダンパ

ビル用制震オイルダンパで培った制震技術と、自動車用ショックアブソーバーの量産技術を応用し、日立オートモブシステムズが開発した制震ダンパ『減震くんスマート』を用いた住宅用制震工法が「Hiダイナミック制震工法」です。「Hiダイナミック制震工法」は、新築時はもちろん、既存住宅のリフォームにおいても設置可能な施工性に優れた画期的な工法です。

「Hiダイナミック制震工法」の特徴

  • 阪神・淡路大震災加振実験結果(JMAKOBE818Gal原派入力時)

    繰り返しの地震に効果を発揮、高い制震効果

    阪神・淡路大震災を再現した実験において、建物の揺れを吸収し、揺れ幅を約70%も減少。東日本大震災においても、本震だけでなく、繰り返す地震にも効果を発揮し、翌日からも引き続き住居が可能な状態でした。工事も制震装置を取り込む簡単な工事です。特殊な工具や技術も必要なく、施工性に優れています。工期も短く、生活の妨げもありません。

  • 制震ダンパの構造部材のうち、材料の性質が経年的に変化すると思われるものを対象に寿命評価を行いました。

    60年間メンテナンスフリー

    壁の中に組み込むだけの簡単施行です。特殊な施行道具も必要としないので、施工性に優れています。使用しているオイルダンパ『減震くんスマート』は住宅専用に設計されており、60年間を想定した耐久試験においても性能が変わらないことを実証済です。また、新築時の建物の壁の中へ組み込むだけで、メンテナンスは不要です。

  • 低コストで設置可能・住まいの損傷リスクを
    大幅に軽減

    壁の中に組み込むだけの簡単施行です。特殊な施行道具も必要としないので、施工性に優れています。使用しているオイルダンパ『減震くんスマート』は住宅専用に設計されており、60年間を想定した耐久試験においても性能が変わらないことを実証済です。また、新築時の建物の壁の中へ組み込むだけで、メンテナンスは不要です。

お客様の声

震度6弱の揺れに耐えた耐震補強システムに感謝!!

東日本大震災の当日、わたしは町内を歩いていて、大きな地震に襲われました。長引く揺れに恐怖を感じて街路樹につかまって収まるのを待ちましたが、その後もずっと余震が続きました。道路には亀裂が走り、家々の屋根の瓦がズレたり、落ちたりしていて、惨憺たる有様でした。我が家もコンクリート塀に亀裂ができて、玄関前のマンホールの周囲が凹んで一時車が通れませんでした。幸い建屋をはじめ、屋根瓦も異常なかったのは、周辺では我が家くらいです。感謝の気持ちとともに今は心からほっとしています。

※メーカー様ご提供資料を参照の元掲載しております。

ページトップへ