Galocon(ガルコン)

HOME > Galocon(ガルコン)

『揺れのコントロール』を考えて生まれたガルコンは、
耐震効果と制震効果の2つの機能を併せ持っています。
地震の激しい揺れに対して、建物の変型を抑えて倒壊を防止し、
建物内部に伝わる揺れを抑えて家具などの転倒を防ぎます。

ガルコン5つのポイント

  • 1.制振効果 地震の揺れを軽減

    ガルコンの制震効果

    金属板にはさまれる2枚の特殊粘弾性体は、振動エネルギーを吸収する働きがあります。維新が発生したときは、地震の揺れをおよそ50%に軽減します。

  • 4.メンテナンスフリー 経済的負担も軽減

    ガルコンの特殊粘弾性体はマイナス15℃から80℃までの
    温度変化による変質がなく、その効果を60年以上維持することが
    立証されています。そのため一度取り付けたガルコンは、
    メンテナンスの必要がなく、建物自体や経済的にも安心して
    暮していただけます。

  • 2.繰り返す余震にも対応

    ガルコンの動き

    ガルコンは、1回の大きな地震に対応するだけでなく、あとから発生する新たな地震や繰り返す余震にも対応します。
    ガルコンに取り付けられている
    特殊バネやストッパーにガルコン自体を復元する働きがあります。

  • 5.新築・リフォームあらゆる木造住宅に対応

    ガルコンは、梁と柱の内側に手間をかけず取り付けることができます。
    新築だけでなく、リフォームた耐震改修でも取り付け可能。
    工期は1〜2日程度、お客さまの負担を最小限にとどめます。

  • 3.耐震効果 家を強くする

    ガルコンの金属板は、自動車に使われる高張力鋼板を採用。
    一般の鋼板より強度があり、変型しにくいことが特徴です。
    ガルコンの取り付けは、建物自体の強度を高める働きをします。

ガルコンは公的機関で認められています。

  • 平成27年11月

    東京都木造住宅の「耐震改修工法・装置」承認
    「ガルコン」制振工法

  • 平成25年2月

    愛知建築地震災害軽減システム研究協議会
    評価技術名称木造軸組補強工法
    「ガルコン制震工法」

  • 平成21年4月

    一般財団法人 日本建築防災協会
    技術評価取得
    木造軸組補強構法 ガルコン制震工法

※メーカー様ご提供資料を参照の元掲載しております。

ページトップへ